So-net無料ブログ作成

「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕(産経新聞)

 18歳未満と知りながら男子中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課と板橋署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、静岡県立特別支援学校教諭、青嶋豊(51)=浜松市浜北区尾野、派遣社員、奥野克征(かつゆき)(40)=東京都豊島区巣鴨=の両容疑者を逮捕した。

 同課は2人の自宅から少年の裸が映ったビデオを押収し、画像解析を進めている。青嶋容疑者は「男子生徒に会った瞬間、興味を持った。悪いことと知っていたが欲求を抑えられなかった。わいせつ行為は3回した」と容疑を認めている。

 青嶋容疑者の逮捕容疑は、今年1月中旬ごろ、奥野容疑者の自宅マンションで、都内に住む公立中学1年の男子生徒(13)に現金1万円を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとしている。

 同課によると、奥野容疑者は男子生徒の兄=当時(16)=から紹介を受け、昨年10月ごろから男子生徒を自宅に呼んでわいせつな行為を繰り返していた。昨年10月には、知人だった青嶋容疑者に男子生徒を紹介。青嶋容疑者は奥野容疑者にわいせつ行為1回につき4万円を支払い、男子生徒はこのうち1万円を受け取っていたという。

 今年1月中旬ごろに「男子中学生をビデオに撮っている男がいる」と情報提供があり、警視庁が調べていた。

 静岡県教育委員会の話 「このような事態が起き、誠に遺憾。事実確認をした上で厳正に処分したい」

【関連記事】
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
「寒いから中で話を」63歳男が男子中学生2人にわいせつ行為
被害の女子高生らが“逮捕” 痴漢で東京都渋谷区職員
男子中学生の下半身トイレで触る わいせつ高校教師に有罪判決 水戸地裁
中学生なら男子でも女子でも…下半身露出の塾経営者

首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
築地市場移転で都譲歩、民主は予算案賛成へ(読売新聞)
センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
ウソのような本当の腕時計「Double Axis Tourbillon」

吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)

 吉野川・第十堰(ぜき)の可動堰化計画について、国が「白紙」としたままになっている問題で、地元住民団体メンバーらが23日、前原国土交通相を訪ねて第十堰の保全などを要望。

 メンバーは同省で記者会見し、「大臣は『(可動堰化は)選択肢にない』と中止を明言した。住民投票から10年。これで可動堰化は完全になくなった」と笑顔で報告。「今後は堰をどう保全するかだ」と、新たな課題に取り組む意欲を見せた。

 同問題は、国の可動堰化計画が2000年1月、徳島市の住民投票で反対多数となり、「白紙」とされたが、国交省は05年、吉野川河川整備基本方針などで可動堰化の可能性を否定せず、現在の堰をどうするか、宙に浮いた状態が続いた。今年1月には仙谷国家戦略相が、「(可動堰化は)ありえない」と復活を否定した。

 前原国交相に要望したのは、住民投票から10年を記念したシンポジウムを開いたNPO法人「吉野川シンポジウム実行委会」の姫野雅義代表世話人ら住民団体のメンバー9人。この日、東京都の中央合同庁舎で非公開で面会。▽第十堰の保全存続▽保全に向けた住民参加型の検討委員会の設置――などを求めた。

 メンバーらは会見で、「前原国交相は何度も『(可動堰化は)ありえない』と言い、『保全に向けた調査を行う』との発言もあった。中止になったと受け止めた」と晴れ晴れとした表情で報告した。

 姫野代表世話人は「ここまでずいぶん長かった。国が決めたことに10何年も反対し続け、ようやく国に届いた。市民も吉野川が身近で大事という感覚になった。決して無駄じゃなかった」と喜んだ。第十堰の近くに住むNPO法人「吉野川みんなの会」理事の山下信良さんは「前原大臣は『住民の方と思いは一緒です』と何度も口にした」と満足そうに話した。

 姫野代表世話人は、前原国交相が、保全を前提に、治水面での科学的データが不十分だとして今後調査を行うことや、住民参加で情報を公開する検討委設置に前向きだったとも報告。「住民がかかわっていく、全国のモデルケースにできれば。どんどん提言したい」と期待していた。

がん検診 受診率向上訴える 都内でフォーラム(毎日新聞)
「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)
<素敵カラダプロジェクト>声出してひざを伸ばす! レッスン第2回(毎日新聞)
精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持−マウスで発見・日米チーム(時事通信)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)

<皇太子ご夫妻>愛子さま学校問題「心を痛めております」(毎日新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は19日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=が学校生活に不安感を持っていることについて、皇太子ご夫妻のコメントを発表した。ご夫妻は「国民のみなさまにご心配をおかけしており、私たちも心を痛めております」と心情を表した。

 また「このことについては学校で既にいろいろな対応策を考えていただいているところであり、今後もよく相談しながら、よい解決を見いだしていかれればと思っております」とし、「天皇、皇后両陛下をはじめ、みなさまからさまざまなご配慮をいただいていることを心からありがたく思っております」と感謝した。

 野村東宮大夫は5日の会見で、愛子さまが学校を休んでいることについて「複数の男子児童からの乱暴」などと理由を述べ、このことから男子を特定するような報道がされている。野村東宮大夫は「私の拝察する限り、両殿下(ご夫妻)はそう言われている児童たちのことを気にかけておられる」と述べた。【真鍋光之】

原口総務相、また遅刻 参院総務委員会が流会に(産経新聞)
橋下知事「北朝鮮から批判され光栄」(読売新聞)
タレントの松野明美さん熊本市議選立候補へ(読売新聞)
高杉晋作の遺品展示、下関市議会委「了解必要」(読売新聞)
村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)

稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示−東京都公安委(時事通信)

「何となくムカツク」 元同級生を集団リンチした少年3人逮捕(産経新聞)

 埼玉県警越谷署は12日、傷害の疑いで、草加市の外装工の少年と、越谷市の私立高1年の男子生徒と無職少年=いずれも16歳=の3人を逮捕した。

 越谷署の調べでは、3人は10日午後11時ごろ、越谷市内の公園に同市の私立高1年の少年(16)を呼び出し、殴るけるなどの暴行を加え、少年に顔面骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。

 越谷署によると、3人と少年は市立中学校の同級生。3人は「友人だったが、言葉の行き違いで何となくむかつくようになった」などと供述しているという。

【関連記事】
タイマンが“集団リンチ”へ…中学生がキレた一言とは
痛っ!男根はりつけの刑…女4人が恐怖の制裁
「タメ口が生意気」リンチで重傷 高校生ら5人逮捕
「ジュース代200円返さない」と集団暴行 中学生7人逮捕
元学生、2審も無期懲役 集団リンチ殺人
20年後、日本はありますか?

<国会同意人事>日銀審議委員など8機関32人提示 政府(毎日新聞)
橋下知事、万博公園活用でパラマウントと協議へ(読売新聞)
上司に「殴るぞ、この野郎」=暴言書記官を停職−横浜地裁(時事通信)
雑記帳 センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
官房機密費は毎月6千万円、使途説明せず(読売新聞)

30代女性の財布に負ける諭吉1枚 会社員の懐具合 民間調査(産経新聞)

 財布の中身は1万円程度、5千円を切ると不安になる−。深刻な景気悪化の中、マーケティング会社「インテージ」(東京)が会社員の懐具合を調べたところ、こんな結果が出た。

 2月にインターネットを使って調査し、20〜59歳の男女各400人、計800人が答えた。

 調査結果によると、日ごろ財布に入れているのは1万円程度が28%で最も多く、2万円程度(22%)、5千円程度(18%)と続いた。入れておきたい“理想の現金”は1万円が24%。次いで3万円、2万円が並び、理想と現実はほぼ一致した。

 いくら入っていないと不安になるかを尋ねると、5千円と答えた人が36%で最も多かった。30代と50代の男性は1万円が最多だったが、20代女性は不安に思う金額が低めだった。

 財布自体の値段は1万〜2万円が24%でトップ。女性は高価な財布を持つ割合が高く、特に30代の女性は「5万〜10万円」が20%に上った。

【関連記事】
働く20〜40代の6割が貯金300万以下
個人向け国債 人気の割に不満多く 高い金利・短い満期へ改善期待
「個人年金」税負担増招く? 利率が左右、事前に計算を
年金不信…老後に備える若者たち 10年単位の長期投資が無難
続々届くねんきん定期便 不安な老後に思いはせ…

「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で−自民・舛添氏(時事通信)
<押尾被告事件>MDMA譲渡の友人に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
全日空機が引き返す=新千歳空港(時事通信)
<鶴岡八幡宮>大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)

バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)

 2つの言語を話す「バイリンガル」の子供は1つの言語を話す子供に比べ、会話を理解する能力が高いとの論文を、板倉昭二京都大准教授(発達科学)や英シェフィールド大のマイク・シーガル教授らの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。

 日本や英国、イタリアで、4〜7歳のバイリンガルの子供のグループと、1つの言語を話す子供のグループに同じ人形劇のDVDを見せて、会話を理解する能力に違いがあるかどうかを調べる実験をした。

 例えば「わたしの犬を見掛けなかったか」という問い掛けに「庭にいたよ」と答える人形と「空にいたよ」と答える人形のうち、変なことを言っている方を指でさしてもらうという方法だ。

 比較したのは英国に住む日本語と英語のバイリンガル33人と、日本語だけを話す日本在住の55人。イタリアでは、ドイツ語とイタリア語を話す36人と、イタリア語だけを話す41人を比べた。

 バイリンガルのグループと1つの言語を話すグループで語彙(ごい)の豊かさや社会的階層などは同じになるよう、条件をそろえて違いを分析したところ、どちらの実験でもバイリンガルのグループの方が変なせりふに敏感なことが分かった。

 今回の結果について板倉准教授は「バイリンガルの子供は2つの言語を介して異なる文化を学んでおり、より多くの経験を積んでいるため、会話への感受性が高いのではないか」と話している。

                   ◇

 カナダ・トロント大児童研究所所長、カン・リー教授の話 「バイリンガルとして育つことが、会話能力という社会に適応するための基本的能力にどんな影響を与えるかを初めて明らかにした画期的な研究だ。バイリンガルと言語の獲得との関連を調べる研究はまだ歴史が浅く、方法に疑問のあるものも少なくない。今回の実験方法は非常によくできており、科学的にしっかりした結果だと思う」

三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず−装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
<群馬4人死亡>拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億(毎日新聞)
<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
交通費渡して「大阪市に行け」 生活保護「たらい回し」表面化(J-CASTニュース)

<京都呉服商宅放火>重傷の59歳夫が死亡(毎日新聞)

 京都府亀岡市の民家で先月26日、侵入した男が油をまいて火をつけ、住人の呉服商、西村正人さん(59)夫婦が重傷を負った事件で、府警亀岡署は7日、西村さんが同日死亡したと発表した。同署は西村さんの妻(59)の妹の元夫で住所不定、酒井正夫・元府警警察官(63)が火をつけた後に現場にとどまり焼死した可能性が高いとみて、殺人・殺人未遂・現住建造物等放火容疑で捜査している。

【関連ニュース】
放火:現場の遺体は元京都府警警官か…京都・亀岡の事件
放火:油まいた男が焼死 京都・知人の夫婦重傷
放火:男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都
京都・亀岡の放火:現場の遺体は元府警警官か
放火:知人の男が油まき住宅全焼 夫婦重傷−−京都・亀岡

キャンピングカーでプチ旅行 釣りや天体観測…コスト抑え手軽に(産経新聞)
「大島幹事長の顔怖い」自民懇談会で不満(読売新聞)
平野、北沢両氏に注文=普天間「半歩先」行かないで−岡田外相(時事通信)
<盲導犬事故死>歩行補助具ではない…名古屋地裁判決で指摘(毎日新聞)
二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

<自殺>鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ(毎日新聞)

 4日午後7時20分ごろ、鹿児島県南九州市知覧町の知覧中学2年の男子生徒(14)が、自宅の倉庫で首をつっているのを家族が発見した。生徒は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。県警南九州署は自殺とみて調べている。知覧中によると、遺書は見つかっていない。学校は全校生徒を対象に無記名アンケートを実施し、男子生徒の周辺でいじめなどの不審な点がなかったか調べている。

 学校は5日の授業を取りやめ、全校集会や保護者会で経緯を説明した。

 学校によると、男子生徒は野球部員でまじめな性格。これまで変わった様子はなかったという。

 4日は午後6時に学校を出るスクールバスを待つ際、同学年の野球部員とささいなことから口論になったが、直後に仲直りしたといい、校長は「直接自殺の原因になったとは考えにくい」と述べた。また、1年生だった08年5月、生徒手帳をぬらされ机に隠されたことがあったが、欠席や相談などはなかったという。

 知覧中では96年9月、同級生からのいじめが原因で、3年生の村方勝己君(当時14歳)が自殺。両親が旧知覧町と加害者の元生徒5人に損害賠償を求め、02年に計約4500万円の賠償が確定した。この事件を機に、市教委は「いじめ根絶実行協議会」を組織するなど再発防止に取り組んでいただけに、小野義記教育長は記者会見で「このようなことが起き、反省している」と述べた。【村尾哲】

【関連ニュース】
中2自殺:「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪
中2自殺:いじめ示唆のメモ公開 市教委は「確認できず」
中2自殺:いじめか? 手紙でほのめかす 東京・清瀬
愛子さま:強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な男児
瑞浪「いじめ」自殺:両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ

パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
<宮崎3遺体>奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)
偕楽園の景観に合わない…水戸・千波湖の「白鳥」消える?(産経新聞)
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」−長妻厚労相(時事通信)

国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開(レスポンス)

国土交通省は、エコカー補助金制度が今年9月まで延長されたのに伴って、昨年10月23日で打ち切っていた自動車運送事業者用車両(緑ナンバー)の補助金の申請を3月19日から再開する。

緑ナンバーのトラックなどは、予定していた財源が尽きたことから昨年10月23日で、申請受付をストップしていた。

2009年度第2次補正予算でエコカー補助金制度の9月30日までの延長が決まったため、対象となる車両購入で補助金が支給される申請を受け付ける。

第2次補正予算の範囲内で補助金交付するため、申請状況によっては9月より前に申請受付を打ち切る可能性もある。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
エコカー減免税対象車、登録車・軽自動車は74%…1月
日野 デュトロ、燃費改善でエコカー減税に対応
国土交通省 特別編集

官房機密費、4月から検証=公表範囲を仕分けへ−平野官房長官(時事通信)
民家火災、4人死亡=石材業男性の一家か−群馬(時事通信)
川端文科相、慎重姿勢崩さず 朝鮮学校の無償化問題 (産経新聞)
<静岡空港>日航福岡便、2月搭乗率17.2ポイント増 支援策「一部は効果」(毎日新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。