So-net無料ブログ作成

3月10日再投票を正式決定=日弁連会長選(時事通信)

 日弁連の選挙管理委員会が12日開かれ、次期会長選の再投票を3月10日に行うことを正式決定した。今月18日に公示する。会長選の再投票は初めて。再投票で決まらなければ、改めて候補者を募り、再選挙が行われるが、現会長の任期が切れる4月までに新会長が定まらない事態となる。
 候補者は、いずれも東京弁護士会に所属する宇都宮健児(63)、山本剛嗣(66)両氏。5日の投開票の結果、山本氏は総得票で宇都宮氏を約1000票上回ったが、全国52弁護士会のうち、42会で宇都宮氏が最多票を獲得。両氏とも当選条件を満たさなかった。 

【関連ニュース】
日弁連会長選、初の再投票に=法曹人口問題が争点

野党側「求めていた資料と違う」(産経新聞)
米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)
<普天間移設>沖縄県連も提案へ 民主議員が意向(毎日新聞)
支持率低下、謙虚に受け止める=平野官房長官(時事通信)
官邸と小沢事務所に、また実弾?入り封筒(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。