So-net無料ブログ作成

<夕張市>赤字返済19年に短縮 財政再生計画素案を修正(毎日新聞)

 新年度からスタートする財政再生計画を策定中の北海道夕張市は27日、322億円の赤字を24年間で解消するとした当初の素案を改め、実質19年間で返済する修正素案を公表した。計画に盛り込む事業を83項目から74項目に絞り込むなどして、返済期間を短縮した。市は28日から市内6カ所で説明会を開いた上で計画案をまとめ、2月中旬に開会予定の市議会に提出する方針。

 修正素案は27日開かれた市議会行政常任委員会に報告された。

 当初の素案について、市は国や道から赤字解消期間の短縮を求められていた。このため、修正素案では共同浴場の維持補修など9事業を新たに先送りしたほか、返済期間中の職員給与を平均20%削減するなどして歳出額を計55億円削減した。

 ただし、自治体財政の指標となる実質公債費比率は3カ年平均の数値が適用されるため、赤字返済後の数年間は同比率が財政破綻(はたん)の基準を超える。このため、再生計画の期間は22年間になるという。

 藤倉肇市長は「返済期間を最短で10年、最長でも15年の範囲で収めたい。さらに縮まることを期待し、国や道へ(支援を)働きかけていきたい」と述べた。道地域行政局の河合正月局長は「市の努力を評価したい。(支援策は)早い時期に示したい」と話した。【吉田競、堀井恵里子】

米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)
<東京メトロ丸ノ内線>煙目撃で1時間、運転を見合わせ(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ(毎日新聞)
プルサーマル受け入れ自治体へ、交付金復活(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。